ヘナタトゥー(メヘンディ)とは

ヘナタトゥー(メヘンディ)

■ヘナタトゥー(メヘンディ)■

ヘナという植物の葉をすりつぶした粉末に水、レモン汁、少量のユーカリ油などの精油を加えてペーストにしたものをコーンに詰めて絞りだし、フリーハンドで描いて行きます。
施術後は左の写真のようにペーストが肌にのっている状態。 最低四時間くらいはペーストを肌にのせたままでいていたたまきます。 基本保護テープを貼って帰宅していただきます。 ペーストを肌の上にのせたままでなるべく長くいていただいたほうがしっかりと染まります。 ペーストをはがして直ぐは明るめのオレンジ色です。 施術後2日目から三日目が一番濃く茶褐色に発色いたします。 それから徐々に新陳代謝とともに退色していきます。 染まりには個人差がありますが、だいたい一週間から二週間くらいで消えてなくなります。

ジャグアタトゥーとは

ジャグアタトゥー

■ジャグアタトゥー■

ジャグアタトゥーとは南米の熱帯雨林で育つゲニパアメリカーナという果実から抽出した、紺色のゲル状のインクで肌の表面を染めるボディーアートです。 ヘナタトゥーと同様にインクをコーンに詰めて絞りだして肌にフリーハンドで描いて行きます。 施術後はヘナのようにボロボロと落ちず、ぴったりとフイルム状に張り付くため、基本保護テープはいたしません。 施術後は最低四時間はそのまま乾いたペーストをはがさないで置いていただき、その後ペーストを剥いでいただいて、石鹸でよく洗い流していただきます。 洗い流した直後はいったん絵は消えます。が、24時間から36時間かけてどんどんと青から紺色にはっきりと発色いたします。
ジャグアインクの内容成分は、ジャグア抽出液、アルコール、ソルビン酸カリウム、キサンタンガム、クエン酸、ローズマリーオイル、となっております。 イチゴやピーナッツなど種身実類アレルギーのあるかたはアレルギーが出やすいとのことですが、それに限らず、 お肌の敏感なかたには多分酸の刺激により痒みを感じる方もいると思います。 もしもそういったお肌のトラブルが出た場合は薬局や、病院などへご相談ください。
かきたては光沢があり黒に近い紺色です。 染まると濃い目のブルーに。 胸元など染まりにくいところはもっと明るいブルーになります。
ヘナタトゥーと同様個人差はありますが、1週間〜2週間で肌のターンオーバーにより消えていきます。

ボディペイントとは

ボディペイント

■ボディペイント■

ホビックのBODY PAINT BRUSH によるボディーペイント。 化粧品用法定色素を使用界面活性剤未添加のインクペンによるペイント。 汗や水がかりにも強く、タオルやスポンジでこすらなければ3〜4日程度色持ちいたします。 また、落としたい時にアルコール消毒液で拭き取り、石けんなどでこすり洗いして落とすことも可能です。
※写真はブラウンによるフェイクメヘンディ。マタニティペイントも可能です。

ボディペイント
オーダー制作
雑貨制作

■オーダー制作■

体だけではなく、あらゆる物へ、主にアクリル絵の具など、それに適した塗料でペイントいたします。 携帯カバーや、楽器、などなど、世界に1つだけのオリジナルペイントはいかがでしょうか。。
まずは何にペイントしたいのかをメールや、コンタクトから送信ください。